横浜市営地下鉄グリーンライン

日吉本町駅

09日吉本町駅

日吉本町駅(ひよしほんちょうえき)は横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。日吉駅の南西側で古くからの閑静な住宅地の中にある駅です。東急線に接続する日吉駅と間違えないように注意しましょう。

当駅前を発着する路線バスはありませんが、近くのバス停「東芝日吉住宅前」、「アリュール日吉本町」、「日吉本町」からバスを利用できます(それぞれ駅から150m~350m程離れています)。いずれも日吉駅東口行きのバスになります。

日吉本町は駅前から住宅街が広がっています。お隣の日吉駅が最寄り駅の慶應義塾大学があるため、当駅周辺は学生も多く住んでいます。

駅周辺(特に駅の南側)にスーパー、コンビニ、飲食店がいくつかあります。日常のお買い物等は特に困ることはないと思います。駅の北側は住宅中心となっており、商業施設は少ないようです。公園が多く点在しており、自然を身近に感じられる環境です。駅から徒歩5分の広めの公園「日吉本町鯛ケ崎公園(ひよしほんちょうたいがさきこうえん)」はお散歩したり、子どもたちが思い切り遊べるような公園になっています。小学校と中学校も多くあります。

日吉駅も近いので通勤やお買い物にも便利ですし、当駅周辺の複数の学校に近く落ち着いた環境は、お子さまのいるご家族にとって住環境も良くとても暮らしやすい地域だと思います。

高田駅

08高田駅

高田駅(たかたえき)は横浜市港北区高田東三丁目にある横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。2008年に開業しました。駅の北側の高田駅前広場には、バスターミナルが設置されています。

周辺地域は主に閑静な住宅街となっています。駅の地上を走る県道102号沿いにはスーパー、飲食店、各銀行の支店、個人医院・クリニックなどが集まっています。住宅街の中にもスーパー、コンビニ、公園が点在しています。小中学校の他、保育園もいくつかありますので、小さなお子さまのいるご家族にぴったりな生活環境でしょう。

日吉駅はグリーンライン2駅で行くことができます。また、当駅のバスターミナルと出口3から利用できる高田駅前バス停から、日吉駅東口行き、綱島駅行きなどのバスを利用することもできます。第三京浜道路の都筑ICも近いのでお車での高速の利用も便利です。

東山田駅

07東山田駅

2008年に開業した当駅は、横浜市都筑区東山田にある横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。駅の読み方は“ひがしやまた”です。“やまだ“と濁りません。ガラス張りと白い支柱のデザインが美しい駅舎。屋根にはソーラーパネルが設置されており、省エネルギーに配慮したエコな駅です。

付近にコンビニが1店舗ありますが、駅周辺にはスーパー、飲食店など特に目立った商業施設はなく住宅、畑、公園が混在しながら広がるのどかな地域です。そのため、食品や日用品のお買い物等は他の駅に出る必要があります。

第三京浜道路の都筑ICが近いため高速の利用にも便利です。
当駅には横浜市営バスと東急バスが発着しており、センター南駅、東急東横線・綱島駅、東急田園都市線・江田駅行きのバスを利用できます。バスを利用して商業施設が充実した駅に行くことができます。

自然が多く落ち着きがあり、のんびりと暮らせるような地域となっています。

北山田駅

06北山田駅

北山田駅は横浜市都筑区北山田一丁目にある、横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。駅の読み方は“きたやまた”です。“やまだ“と濁りません。
「街の住みここちランキング2019(大東建託調べ)」では、なんと首都圏内で第3位。神奈川県内で1位となりました。

駅周辺は、公園が多く緑が溢れています。治安もよく、子育てに適した施設も充実しています。生活利便性も良好なため、一人暮らしにも子育てファミリーにも人気の住宅街です。駅の近くにはスーパーの「オーケー北山田店」、駅から歩いて13分程の場所にホームセンター「コーナン港北ニュータウン店」とスーパー「ヨークマート港北店」があります。駅付近にコンビニやいくつかのファミレスもあります。
駅から徒歩5分の所に「横浜国際プール」という国際規格の屋内プール、屋内競技室、トレーニングルームを併設した立派なスポーツ施設があります。

隣はセンター北駅で、ショッピングや外食を身近に楽しむこともできます。当駅の出口1と出口2からバスを利用でき、東急田園都市線・たまプラーザ駅、センター北、センター南行きのバスを利用することもできます。

日吉駅までは410分ほどで出れますので、横浜方面や都内方面のどちらにもアクセスしやすく、交通の利便性も高いです。
落ち着きと利便性、どちらも兼ね備えた当駅。住みここちランキング 県内NO.1の街にぜひとも住んでみたいですね。

都筑ふれあいの丘駅

03都筑ふれあいの丘駅

当駅は神奈川県横浜市都筑区葛が谷にある横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。駅の仮称は“葛が谷駅(くずがやえき)”でしたが、“ふれあいの丘”が駅周辺地域の愛称として定着していたためこの駅名で開業することになりました。駅のデザインテーマは「やすらぎのひろば」で、ガラス張りがきれいな駅舎です。改札は地上に、ホームは地下になります。

駅のそばには大型スーパー「オーケー港北店」、ドラッグストアがあるので、食品と日用品のお買い物に便利です。個人医院・クリニックが多く集まっており医療機関が利用しやすいため安心です。駅の北と西は主に住宅街、東と北には住宅と畑が広がります。いずれのエリアも大小複数の公園が充実しており自然豊かです。保育園や小学校も複数ありますので、子育てをするのにも良い環境です。

商業施設が充実したお隣のセンター南駅には当駅からの路線バスでも行くことができます。また、当駅から南下するとJR横浜線・鴨居駅があります。お車で「ららぽーと横浜」へ20分ほどでアクセスできます。都会と自然をほどよく感じられるバランスの良い地域です。

川和町駅

02川和町駅

川和町駅(かわわちょうえき)は横浜市都筑区川和町にある横浜市営地下鉄グリーンラインの駅です。主に住宅地と田畑が多い地域ですが、鶴見川(谷本川)沿いは工業地域で、中小工場が立ち並んでいます。

駅前にはスーパーとコンビニが1店舗ずつあるだけで、すぐに畑と住宅が広がります。駅から徒歩5分の所に「横浜市立川和小学校」があります。住宅地は緑を豊かに感じることができ、のどかな地域です。駅から離れた中山駅と鴨居駅方面にスーパーがありますが、お買い物できる場所が多くはありませんので、他の駅へ出ると良いかもしれません。お買い物には少々苦労するようなので、車で移動する方が大半のようです。

駅から出る路線バスで中山駅、新横浜駅、センター南駅行きのバスを利用することができます。

ファミリー層が多く住む地域で、小さなお子様のいるご家庭も安心して暮らせます。

 

中山駅

01中山駅

開業は1908年(明治41)という古い歴史を持つ当駅。2008年に横浜市営地下鉄グリーンラインの駅が開業し、現在はJR横浜線の快速と各駅停車駅、グリーンラインの両線の駅です(グリーンラインは快速、急行などは運行していません)。駅ビルの「ビーンズ中山」は元は「中山ロンロン」という名称で開業しました。

緑区総合庁舎、神奈川県緑警察署が駅の近くにあります。駅ビルの「ビーンズ中山」にはスーパーや青果・生鮮食品・お惣菜などの各専門店が入っており、毎日の生活に便利なショッピング施設です。駅の北口には「東急ストア 中山とうきゅう」があり食品の他、本屋さんと100円ショップでもお買い物できます。駅周辺にはファミレスや居酒屋など飲食店が充実しています。お洋服やおしゃれな雑貨のお店はあまりないようですが、普段のお買い物で困ることはありません。

ショッピングを楽しみたいときにはJR横浜線の隣の鴨居駅に出れば大型ショッピングセンターの「ららぽーと横浜」に行くことができます。

当駅の北口と南口から路線バスを利用できます。東急田園都市線・青葉台駅や新横浜駅、センター南駅、横浜駅西口行きのバスなどが発着しています。2路線の乗り入れ駅ということもあり、活気があって利便性も高い駅です。

駅の北には恩田川が流れており、川より北(川和町駅方面)は、住宅と畑や林などが多い地域です。駅の南と西側は住宅街、そして「神奈川県立 四季の森公園」、「「新治市民の森(にいはるしみんのもり)」と言った自然が広がります。

保育園・幼稚園、小学校、中学校が点在しています。気軽に立ち寄れる小さな公園も充実していますので子育てファミリーにも暮らしやすい環境です。

JR中山駅の右手に見えるグリーンラインの出入口