JR横浜線

八王子駅

20八王子駅

当駅は1989年(明治22)に開業したJR中央線快速、JR横浜線の駅です(JR貨物の駅でもあります)。多摩地域にあるターミナル駅の一つであり、中央快速線内は12位、横浜線内は町田駅に続き2位の利用者が多い駅です(2018)。八王子市の中心市街地であり警視庁八王子警察署や市の保健所などの公的施設も集まっています。

商業施設も豊富にあり「セレオ八王子」、「八王子東急スクエア」、「ドン・キホーテ八王子駅前店」、「ヨドバシカメラ八王子店」など大型のショッピング施設がいくつもあります。食品・日用品、ファッション、家電などほとんど揃います。

繁華街の周りは住宅が多く広がっており、多くの小中学校も比較的駅に近く立地しています。どちらかというと南側の方が住居の多いエリアになります。駅の北側の繁華街では治安を不安視されることも多いので、一人暮らしの方やお子様がいらっしゃる方は気をつけましょう。

駅が大きいだけあって当駅の北口・南口どちらのバスターミナルからも多方面の路線バスが発着しており本数も多いです。

都心へのアクセスは、新宿ならJR中央線快速または京王線1本で45分前後。JR横浜線で横浜駅へは60分前後で距離があります。ただ同じ都内でも23区内より家賃相場が低いのがメリットです。

 

片倉駅

19片倉駅

当駅は1957年(昭和32)に開業した東京都八王子市片倉町にあるJR横浜線の駅です。JR横浜線全20駅の中で最も利用者が少ない駅です(2018年)。京王高尾線の京王片倉駅は、当駅から徒歩11分ほどの距離になります。

周辺には湯殿川(ゆどのがわ)が流れており、複数の公園が充実している自然豊かなでのどかな環境です。「片倉つどいの森公園」、「片倉城跡公園」が駅から近くどちらも広い公園です。当駅から15分ほど歩くと「竜泉寺の湯 八王子みなみ野店」というスーパー銭湯があります。炭酸泉と岩盤浴が気軽に楽しめる近くにあって嬉しいスポットです。

当駅至近に、スーパーやドラッグストアといった食品・日用品を買える施設はかなり少ないようです。お隣の八王子みなみ野駅や京王線・北野駅周辺など他の地域に移動する必要があります。
路線バスの利用は片倉駅ロータリーから、または150mほど離れた”片倉駅入り口””バス停から八王子市地域循環バス(長沼駅行き)と八王子駅南口行きを利用できます。

八王子みなみ野駅

18八王子みなみ野駅

当駅は東京都八王子市みなみ野1丁目にある、JR横浜線の駅です。1997年(平成9)開業で、横浜線内で最も新しく、みなみ野シティ(八王子ニュータウン)の街開きに合わせて開業した駅です。

駅開設当初は周辺の大学・専門学校の学生の利用が大半を占めていましたが、みなみ野シティの宅地開発に伴う人口増加や周辺地区へバス路線が開設されたことにより利用者が増加しました。

駅西側には大型スーパー「Mioみなみ野」、「アクロスモール八王子みなみ野」や、郵便局などが立地しています。ドラッグストアや家電料品店も併設していますので、駅前で日常のお買い物は済みます。飲食店も充実しています。
周辺には保育施設や小学校から大学・専門学校などの教育施が多く、当駅の学生の利用も多いためスクールバスが発着しています。駅東側は、駅開業から10年近く空き地でしたが、駅直結プロジェクトとして大型マンションや雑居ビルが建った為、自家用車・タクシー用の駅東側ロータリーが整備されました。

駅から京王線・北野駅行きやJR八王子駅行きなどの路線バスも運行していますが、全体的に時間も限定的であるまたは夕方以降は運行していないなど、あまり便が充実していないようです。自転車やお車があると移動に便利でしょう。

相原駅

17相原駅

当駅は1908年(明治41)開業の東京都町田市相原町にあるJR横浜線の駅です。

駅周辺の宅地化も進んでいます。駅前にはコンビニと何店舗かの飲食店と交番があるだけの静かな駅です。駅から離れていますが、法政大学の多摩キャンパス、東京家政学院大学があり、駅からは大学行きのバスが運行しているため、当駅は学生の利用も多くなっています。当駅周辺の地域は、閑静な住宅街です。自然も豊かで、保育施設も充実しているので子育てには良好な環境でしょう。

お隣の橋本駅に出れば一度にお買い物も済みます。当駅から橋本駅まで歩いておよそ30分ほどですので、自転車など利用すればさらに短時間でアクセスできますし、当駅近くの「相原」バス停留所から橋本駅行きや町田ターミナル行きのバスを利用できます。

駅南側には都道47号線(町田街道)が、駅東側には都道171号線が通っています。駅から東へ600mほど行くと八王子バイパスの相原インターチェンジもあります。他の駅への移動も楽になりますし、このエリアに住むならお車があると尚良いかもしれません。

橋本駅

16橋本駅

1908年(明治41年)開業の神奈川県相模原市緑区橋本6丁目にあるJR横浜線、JR相模線と京王相模原線の乗り入れ駅です。JR相模線は当駅が終点ですが、一部時間帯の列車は横浜線八王子方面へ直通します。1日平均乗車人員数(2018年)はJR横浜線内では、町田駅、八王子駅に次いで3番目に多く、相模線内では最も多い駅です。京王電鉄の駅の中では、新宿駅、渋谷駅、吉祥寺駅などを含めても7番目に利用者が多い駅であり、非常に賑やかな駅です。神奈川県の北の入口と位置付けられ、県や市、民間が主体となった再開発が進み、相模原市の第一の都市核として認定されています。(市役所の最寄り駅となるJR横浜線のお隣の相模原駅よりも当駅の利用者数が多いです。)

大型ショッピングセンター「アリオ橋本」、「ミウィ橋本」、「イオン橋本店」の3つがあるため、日常のお買い物や、ショッピング、外食にも気軽にできる非常に便利な立地です。国道16号が通っているためその周辺にも商業施設があります。駅から離れてもスーパーやコンビニが点在しており、食品のお買い物などは不便しないかと思います。

当駅の北口・南口から複数の路線バスを利用することができます。新宿駅へ37分、横浜駅へは38分で出ることが出来ます。京王線で都内へのアクセスが容易な上、JR横浜線で新横浜で新幹線の利用が可能、当駅から成田空港行きの高速バスや神戸行きの夜行バスが利用でき、移動しやすい駅となっています。

東海旅客鉄道(JR東海)によるリニア中央新幹線の駅が併設される予定で、ますます利便性の高いエリアとなりそうです。2027年(令和9年)に開業が予定されています。

相模原駅

15相模原駅

当駅は1941年(昭和16年)に開業した相模原市中央区相模原1丁目にある駅です。1996年(平成8)の駅舎改築により、橋上駅舎となりました。矢部駅と当駅の北側は在日米軍「相模総合補給廠(さがみそうごうほきゅうしょう)」の敷地となっています。相模原市役所や相模原警察所の最寄り駅でもあり、相模原市の行政の中心となっている駅ですが、1日平均乗降人員数(2018年)はお隣の橋本駅の半分未満の数です。利用者数はJR横浜線全線20駅中11位(2018年)。

日常のお買い物施設は南口に集中しています。駅に「ライフ相模原駅ビル店」が入っているのと、駅前にはコンビニや飲食店と言った商業施設が多くあります。「スーパー三和相模原店」、「オーケー相模原中央店」いった大きめのスーパーが駅の徒歩15分程の国道16号沿いにあります。この国道沿いにも「ユニクロ相模原中央店」やファミレス等の飲食店が多く並んでいます。この辺りのエリアはどこに住んでも食品・日用品のお買い物と外食するのには困らないでしょう。
商業施設と住宅街が混在する形で広がっており、保育施設や小中学校、公園も複数あります。反対の北側は南側と比較すると商業施設は少なくなりますが、「ユーコープすすき野店」や「ビッグヨーサン町田小山店」といったスーパーと、いくつかのコンビニが住宅街の中にあります。静かさを優先させたい方は北側をおすすめします。

北口と南口から路線バスを利用することができます。どちらの口からも、ショッピング施設が充実している橋本駅北口行きのバスが運行しています。

矢部駅

14矢部駅

1957年(昭和32)開業の当駅は神奈川県相模原市中央区矢部3丁目にあるJR横浜線の各駅停車駅です。当駅からお隣の相模原駅にかけて、広大な敷地に「相模総合補給廠(さがみそうごうほきゅうしょう)」と言って在日米軍の補給施設があります。補給廠へ行く関係者が多い事から、1950年に“相模仮乗降場”として開業したのが当駅の起源となっています。両隣の淵野辺駅へは徒歩11分、相模原駅へは徒歩20分程です。

お隣の淵野辺駅と同様、複数の大学のキャンパスが近く、学生の利用も多い駅です。駅北側にはスーパーの「オオゼキ矢部店」、南側には「フードワン矢部店」やドラッグストア「クリエイトSD相模原矢部店」があり食品と日用品のお買い物ができます。国道16号沿いには飲食店なども多く並び、手軽に食事できます。特に南側はスーパーなど商業施設が点在しており、日常のお買い物で不便することはなさそうです。北側は大学や研究所、そして、さらに北を行くと、閑静な住宅地の間に境川が流れています。

毎日の生活に必要なものは揃っている上に、治安も非常に良く、安心して暮らせる地域です。

淵野辺駅

13淵野辺駅

淵野辺駅(ふちのべえき)は神奈川県相模原市中央区淵野辺3丁目にあるJR横浜線の駅です。お隣の矢部駅は徒歩11分と近い距離にあります。

駅周辺には「桜美林大学プラネット淵野辺キャンパス」、「青山学院大学相模原キャンパス」、「麻布大学」など大学のキャンパスが複数あります。学生が多く行き来する街ですが、静かで穏やかな街並みを保っています。学生の利用も多い駅ということもあり、駅周辺には気軽に食事ができる飲食店が集まっています。駅から徒歩5分の場所の「エスポット淵野辺店」は業務スーパーも入っておりコスパも良く、地域住民の方にも好評なお買い物スポット。

駅から徒歩4分に「鹿沼公園」という大きな公園もあり、園内にある池を眺めながらのんびりできます。
自然を感じる場所と、教育施設が揃っているのに加え、駅周辺と国道16号線沿いなど商業施設が充実していますので、非常に良好な環境でしょう。

北口と南口にバスターミナルがあります。町田バスセンター、古淵駅行きなどが運行していますので、ショッピングや大きな買い物ができる駅へのアクセスも楽にできます。お車をお持ちの方は国道16号を利用しての移動が楽にできそうです。

古淵駅

12古淵駅

古淵駅(こぶちえき)は相模原市南区古淵2丁目にあるJR横浜線の駅です。各駅停車駅で、快速は停まりません。お隣の町田駅へは電車で4分。

栄えた町田駅のお隣ながら、当駅も商業施設が充実しており生活に便利な駅です。駅の南側には国道16号(東京環状)が通っており、それに沿って大型スーパー・ショッピングセンター「イオン相模原ショッピングセンター」、「イトーヨーカドー古淵店」、「MEGAドン・キホーテ古淵店」や「ニトリ相模原店」があります。食品からインテリアまで幅広くお買い物ができます。保育園・幼稚園や小学校もありますし、非常に住環境の良いエリアです。

公園も点在しており、自然も豊かです。子育て世帯が多く住んでおり治安面も安心できます。

一駅隣の町田駅に出れば都内へのアクセスも楽ですので、通勤にも便利です。利用者数も横浜線内では全20駅中12位(2018年)とちょうど中間辺りで、賑やかさ・生活利便性ともにほど良い駅と言えそうです。

町田駅

11町田駅

当駅は東京都町田市原町田1丁目にあるJR横浜線と小田急小田原線の2路線の接続駅です。1908年(明治41)にJRの駅が、1927年(昭和2)に小田急線の駅が開業しました。

駅周辺は多摩地域有数の商業地として発展しています。南多摩地域のみならず、神奈川県央や横浜市北西部(いわゆる武相地域)の拠点としても栄えています。「小田急百貨店町田店」、「町田東急ツインズ」、「ルミネ町田」、「町田マルイ」など大型のショッピング施設が立ち並ぶ他、「町田市役所」や「町田市民ホール」など行政施設もかなりたくさん集まっています。

商業施設で賑わう駅の周辺は予備校や学習塾、専門学校などの教育施設も多いため学生もたくさんいます。

小田急線の町田駅から徒歩15分の所に「芹ヶ谷公園」という大きな公園があります。広い公園内には緑豊かな自然と噴水広場もあり、子どもから大人まで憩いの場所となっている公園です。

駅から離れると住宅地が広がっていて落ち着きがあり生活がしやすいエリアです。駅まで出てしまえばほとんどのお買い物は済むのはもちろん、住宅エリアにもスーパーやコンビニ等が点在していますので、日常の最低限のお買い物に困ることはないと思います。

駅周辺は繁華街なので、飲み屋や娯楽施設も多くあります。夜は治安が良くないという声もありますので、夜間に駅周辺に出る際は気をつけましょう。

小田急線で東京の新宿まで3040分、JR横浜線で横浜へ30分程度でアクセスできます。しかも、同じ東京の23区内と比較して家賃相場もグッと下がるため、一人暮らしの方からファミリーまで人気の街です。