湘南モノレール

湘南江の島駅

08湘南江の島駅

1971年(昭和46年)に開業した湘南モノレールの駅です。当駅がモノレールの終着点となります。201812月に新駅ビルが運用開始されました。
江の島エリアには江ノ島電鉄線や小田急江ノ島線が乗り入れており、観光地としても人気のエリアです。同エリアの駅の中で当駅は比較的、観光客よりも地元住民の方や通学に利用する人の方に多く利用されています。江ノ島電鉄の江ノ島駅は国道467号を挟んで徒歩2分と近くに位置しています。

海近くの観光地エリアだけあって、おしゃれな雰囲気のカフェレストランや飲食店が多くあります。スーパー「やまか江の島店」、ドラッグストアの「ハックドラッグ江の島店」で食品・日用品を揃えることができます。海水浴や「新江ノ島水族館」で身近にレジャーも楽しむことができます。保育施設も点在していますので、子育てもしやすい地域でしょう。

藤沢駅、大船駅、鎌倉駅行きの路線バスを利用することができます。片瀬江ノ島駅(小田急江ノ島線)までは距離はありますが、3路線の駅が利用できるので、行き先に合わせた電車の利用も便利なエリアです。

目白山下駅

07目白山下駅

1971年(昭和46年)に開業した湘南モノレールの駅です。湘南モノレール及び藤沢市内の鉄道駅では最も乗降客数の少ない駅で、1日の平均乗降人員数は137人でした(2018年)。
当駅は無人駅なので改札はありません。乗車券は自動券売機で購入し、降車時は車掌さんに乗車券を渡します。駅外部に通ずるエレベーターやエスカレーターがありませんので、上り降りが大変ですね。

当駅の三方を囲むように片瀬山公園が広がっていて自然を感じることができます。スーパー、コンビニなど商業施設はほとんどありませんので、県道467号沿いや他の駅付近に移動する必要があります。

最寄バス停の「目白山」から鎌倉駅、大船駅、江ノ島行きの京浜急行バスが運行しています。

片瀬山駅

06片瀬山駅

1971年(昭和46年)に開業した湘南モノレールの駅です。

駅周辺は住宅街が広がっていて、街並みの景観もキレイです。当駅が最寄りの観光スポット等もないため駅の利用は周辺住民の方だけなので、落ち着いた駅です。駅前にお買い物施設はありません。駅から徒歩8~10分南下した場所にスーパー「やまか」とドラッグストアの「クリエイト」のみあります。ちょっとしたお買い物をするにも結構移動しなければなりませんので、生活するには自転車やお車が必須になるでしょう。

最寄のバス停から鎌倉駅、大船駅、藤沢駅南口行きの路線バスを利用できます。

西鎌倉

05西鎌倉駅

1970年(昭和45)に開業した湘南モノレールの駅です。

住宅地が広がっています。駅前にはスーパー「スズキヤ 西鎌倉店」があり、食品・日用品等はここでお買い物できます。おしゃれなレストランなどが点々とあるような落ち着いた地域で、遅くまで営業しているお店はないので夜も静かに過ごせる環境です。「鎌倉広町緑地」や鎌倉山の自然を感じられる場所も身近にあります。

県道304号が通っていて、それに沿ってスーパーやファミレスやカフェなどが点在しています。

大船駅へはモノレールで9分で出ることができます。大船駅から横浜駅へ15分程度で出れるので通勤もしやすいです。大船駅、藤沢駅へバスを利用できるのと、鎌倉駅や江ノ島駅行きのバスも運行していますので通勤・通学の他にレジャー等も出やすい立地です。
自転車があれば海へすぐに出ることもできます。

ある程度の利便性と静かな環境で休日はのんびり過ごしたいという方にはぴったりの地域ではないでしょうか。

 

湘南深沢駅

04湘南深沢駅

湘南深沢駅(しょうなんふかさわえき)は1970年(昭和45)に開業した湘南モノレールの駅です。当駅は無人駅で、改札はありません。乗車時は自動券売機で乗車券を購入し、降車時は車掌さんに乗車券を渡します。

当駅周辺は、鎌倉市による深沢地域周辺地区のまちづくりが推進されています。「鎌倉市深沢行政センター(支所や図書館)」や湘南モノレール本社ビルがあります。当駅近くに県道32号が走っており、その周辺にスーパーなどの商業施設が集まっています。総合病院の「湘南記念病院」もあり、生活しやすい環境が整っています。保育施設、小中学校と高等学校(県立深沢高校)も揃っています。当駅周辺には娯楽施設はほとんどなく(ボウリング場が1件だけあります)、非常に落ち着いた環境ですのでお子様の通学にも安心できます。

県道32号が通っていて車の移動も便利ですが、渋滞する時も多いです。場所によってはお買い物に出るのに遠くなってしまいますので、自転車があると良いですね。

駅近くのスーパー「やまか」の前から路線バスを利用できます。鎌倉駅、大船駅、藤沢駅行きのバスを利用できます。

湘南町屋駅

03湘南町屋駅

湘南町屋駅(しょうなんまちやえき)は1970年(昭和45)に開業した湘南モノレールの駅です。駅至近にある三菱電機鎌倉製作所や関連企業があり鎌倉市最大の工業地帯となっています。そのため通勤する方や来客者等が多く1日を通して当駅を利用されています。湘南モノレールの中では大船駅に次いで利用者数が多い駅となっています。

企業や工場の他は、自然豊かな住宅街となっています。駅から約900m離れた「鎌倉中央公園」はお子様がのびのびと自然を体感できる里山風の公園です。街には保育施設もいくつかあり、小学校もありますので、子育てしやすい環境です。スーパーやドラッグストアといった食品・日用品を買える施設がほぼないため、他の駅や街に出る必要があります。お買い物がすぐにできない点は不便に感じるでしょう。しかし商業施設が充実した大船駅へはモノレールで4分またはバスでもアクセスできます。また大船駅からは横浜駅まで電車で15分でアクセス可能ですので、通勤・通学には結構使いやすい駅だと思います。

当駅近くの最寄りバス停「町屋入口」からは鎌倉市内各地へのバスや、逗子行き、大船駅行きのバスを利用することができます。

富士見町駅

02富士見町駅

1970年(昭和45)に開業した湘南モノレールの駅です。無人駅で、改札はありません。乗車時は自動券売機で乗車券を購入し、降車時は車掌さんに切符を渡すか、「きっぷ入れ」に入れます。券売機の横に設置されている駅係員連絡用インターホンで他の駅にいる駅員さんに連絡ができます。

当駅周辺は静かで治安の良い地域です。遅くまで営業する飲み屋さんもないので、夜も静かに過ごすことができます。駅近くと徒歩4分の場所にスーパーがありますが、ドラッグストアやコンビニ等といったお買い物施設は多くありません。
ショッピングや食事等はお隣の大船駅を利用すると便利でしょう。自転車や車があると、大船駅周辺にも出やすいです。

当駅から徒歩12分の場所に「日比谷花壇大船フラワーセンター」では一年を通して四季の花を楽しめるスポット。園内でのんびりと過ごせるので、身近にあると嬉しいですね。また、この周辺には大型ホームセンターがあり、総合病院や小学校・中学校も至近にあります。

 

 

大船駅(湘南モノレール)

01大船駅

1970年(昭和45)に湘南モノレールが開通しました。以前はドリーム交通モノレール大船線が走っていましたが1967年に休止、2003年には正式に廃止されました。
当駅でJR線への乗り換えが可能です。JRの東口から駅ビル「ルミネウィング」を経て、湘南モノレールの駅まで通路が続いています。駅ビルやJRの駅に設置のエスカレーターを使用して外からモノレールの駅に到達できます。
湘南モノレールの駅の中で最も利用者が多い駅です。

ちなみに湘南モノレールで交通系ICカードのPASMOSuicaが使えるようになったのは20184月からとつい最近のことで、利用者にとっては待望の導入となりました。

JR大船駅の紹介はこちら