JR南武線

浜川崎駅

支線5浜川崎駅

浜川崎駅(はまかわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区にある、JR鶴見線と南武線(南武支線)とJR貨物の駅です。1918年(大正7)に終着貨物駅として開業し、1930年(昭和5)に旅客営業を開始しました。
鶴見線と南武支線の駅は道路を挟んで別の駅舎になっています。そのため、両線の乗り換えの際には改札外に出ることになります(改札処理は不要)。当駅は駅員さんのいない無人駅で、ICカード対応の自動券売機と簡易改札が設置されています。
ちなみに一般の方は利用することはないですが、JR貨物の貨物駅は駅員さんが駐在しています。

駅の南側は広大な工業地帯となっています。当駅とお隣の小田栄駅は徒歩15分の距離ですが、その間に大型スーパーの「イトーヨーカドー川崎店」、ホームセンターの「コーナン川崎小田栄店」があります。駅から離れますが「コストコ 川崎倉庫店」があり、お車なら7分ほどで利用できます。食品や日用品の買い物は大型のお買い物施設が揃っているので楽にできます。バス乗車20分程度で川崎駅にもアクセスできるので、ショッピングやお食事等お出かけしやすい立地です。

幼稚園・保育園も充実していますし、小学校中学校も複数あるので、お子様の通園・通学には負担なくできます。しかし、大きな工業地帯も近く緑がほとんどない地域なので、緑豊かで自然な環境が良いという方にはその点が不満に感じるでしょう。

小田栄駅

支線4小田栄駅

小田栄駅(おださかええき)は、川崎市川崎区小田栄一丁目にあるJR南武線(南武支線)の駅です。当駅が開業したのは20163月とまだ新しい駅です。
簡易構造になっており駅員さんのいない無人駅です。商業施設や大型マンションの建設などにより飛躍的に人口が増加している小田栄地区の交通利便性向上とまちづくり推進を目的として駅が設置されました。

小田栄駅の周辺にはホームセンター「コーナン川崎小田栄店」やスーパー「イトーヨーカドー川崎店」、「スポーツデポ川崎店」等の大型のお買い物施設があるため、他の駅に出なくても食品・日用品のお買い物はすぐにできます。

当駅から川崎駅への直通の電車はないため、尻手駅または八丁畷駅(はっちょうなわてえき)で一度乗り換えが必要になります。運行本数も少なく、昼間の時間帯は30分に1本ほど。一方、川崎駅行きのバスが頻繁に出ています。通勤時間帯は5分に1本はバスが出ており、バス乗車10分で川崎駅にアクセスできます。

当駅周辺は開発に伴いさらに人口も増える見込みです。駅もまだ設置されたばかりで電車の本数の少なさや終電の時間が早いといった課題もありますが、利用者が増えていくにつれ当駅の利便性が高くなることに期待できるのではないでしょうか。

川崎新町駅

支線3川崎新町駅

川崎新町駅(かわさきしんまちえき)は、川崎市川崎区渡田山王町にあるJR南武線(南武支線)の駅です。1930年(昭和5)に開業しました。

駅を出るとすぐ住宅街が広がります。駅の目の前よりも京町通りと市電通りという大きな道路沿いにスーパーやコンビニが並んでいます。ファミリー層の多く住む地域らしく小中学校、高等学校、インターナショナルがあり教育施設が揃った環境です。お子様の通学にも安心できますし、暮らしやすいのも魅力的です。

大きな駅近くだと繁華街の治安が不安要素になりますが、川崎駅から2駅離れていてお出かけには便利ながらある程度の距離を置いた立地なので、非常に良い立地です。
と言っても当駅の北東側は、あっという間に川崎駅の繁華街に出れる距離です。便利と言えばかなり便利な立地ですが、気になる方は当駅の西側をおすすめいたします。

当駅は南武線のみとなりますが、隣の八丁畷や当駅から徒歩17分の鶴見市場駅に出れば京急本線を利用できます。

お車がなくても、自転車があれば事足りる十分な環境です。当駅からは鶴見駅と川崎駅行きへの路線バスを利用できます。

八丁畷駅

支線2八丁畷駅

八丁畷駅(はっちょうなわてえき)は、川崎市川崎区池田一丁目にある、京急とJR南武線の駅です。両社の共同使用駅となり、管轄は京急になります。京急本線とJR南武支線が乗り入れています。1915年(大正5)に京急の駅として開業し、1930年に南武線が開業しました。

八丁畷の街は川崎駅のすぐ隣に位置しています。川崎駅の発展が目覚ましく、人も商店もそちらへ流れてしまったようで、当駅周辺に商店街の「八丁畷商栄会」がありますが、大半の商店が閉店しておりシャッター通りとなっています。
川崎駅には京急線で5分(徒歩15分)、尻手駅に南武線で2分(徒歩18分)の場所に位置しており、確かに大型の商業施設等は川崎駅と尻手駅の方に集中していますが、当駅前にもコンビニや飲食店はあり、小型のスーパーも近くに点在しています。商業施設が全くなくてかなり不便な駅というわけではなく、日常の生活には十分な環境です。

周辺には保育園・幼稚園や小中学校も揃っていますし、子育て環境も十分に整っています。

前述したように川崎駅へ5分で出ることができ、東京の品川駅には15分でアクセスできます。京急線と南武線の2路線が利用できるため通勤にも非常に便利な駅です。国道15号が近くを走っておりお車をお持ちの方であればお車での移動もらくにできる立地です。
歩いても15分で川崎駅に出れるので、ほぼほぼ川崎駅です。

JR南武線の駅の紹介

JR南武線

神奈川県内の駅をご紹介します

川崎

    ~南武支線~
尻手八丁畷川崎新町小田栄浜川崎

矢向

鹿島田

平間

向河原

武蔵小杉

武蔵中原

武蔵新城

武蔵溝ノ口

津田山

久地

宿河原

登戸

中野島

稲田堤

矢野口(やのくち)
稲城長沼(いなぎながぬま)
南多摩
府中本町(ふちゅうほんまち)
分倍河原(ぶばいがわら)
西府
谷保
矢川
西国立
立川

稲田堤駅

16稲田堤駅

稲田堤駅(いなだづつみえき)は、川崎市多摩区菅稲田堤一丁目にあるJR南武線の駅です。京王稲田堤駅と徒歩3分の距離にあり京王線へ乗り換え可能です。快速と各駅の停車駅です。

駅の北に多摩川が流れ、川を越えると東京都になります(川向うは東京都調布市)。
当駅は京王線への乗り換え駅となるため利用する人も多く、当駅周辺にはスーパーやドラッグストア、人気チェーン店の飲食店が集まっています。
ファミリー層が多く住む戸建てが多く、畑も残っていたりのどかな環境です。周辺には小学校がいくつかありお子様の通学もしやすい地域です。

当駅周辺は川崎市となり、川を超えて東京都になる調布駅や京王多摩川駅と比べると、かなり家賃を抑えることができます。駅前に飲食店が充実しているので、外食が多くなりがちな単身の方にも便利で嬉しい駅前です。

位置的にはよみうりランドや新百合ヶ丘駅に近いのでレジャーやお出かけにも出やすいです。京王線稲田堤駅を利用すれば新宿駅、渋谷駅も当駅から30分程度。南武線で立川駅まで20分と大きな駅に出やすいので通勤もしやすい駅です。
バスで京王よみうりランド駅や向ヶ丘遊園駅、登戸駅に出れるので京王線や小田急線など複数の路線を利用できます。

中野島駅

15中野島駅

中野島駅(なかのしまえき)は、神奈川県川崎市多摩区中野島三丁目にあるJR南武線の駅です。快速は停まりませんが利用者が多い駅です。

周辺は所々に畑が残る住宅地です。大きな商業施設は特にありませんが、駅の北側と東側にそれぞれ商店街がありスーパー、ドラッグストアや100円ショップ、食品・日用品のディスカウントストアがあり生活に必要な物を買える施設が充実しています。
エリア各地に保育施設や公立・市立の小学校や中学校があり通学も安心でき、お子様のいるご家庭が暮らしやすい環境です。駅前には大きなマンションが建っていますが、街には戸建てとアパートが多いです。

当駅は電車1本で武蔵溝ノ口駅(11分)、武蔵小杉駅(18分)、川崎駅(30分)にアクセスできます。南武線沿いにお勤めの方は通勤しやすい上に、大きな駅周辺に比べて家賃を抑えられるのでおすすめです。

当駅から路線バスの発着はないため、駅から離れた物件に住まれる際には、自転車やお車があると便利です。

宿河原駅

13宿河原駅

宿河原駅(しゅくがわらえき)は、神奈川県川崎市多摩区宿河原三丁目にあるJR南武線の駅です。

当駅から歩いて8分ほどで多摩川の河川敷に出ることができます。住宅が広がる地域ですが、多摩川の自然を身近に感じることができます。駅前はコンビニとドラッグストアや飲食店が数点集まっています。駅少し離れた700mくらいの場所にスーパーがあります。
当駅周辺で食品・日用品を買える場所は多く在りませんが、当駅の西側を進むとスーパー等が充実した向ヶ丘遊園駅と登戸駅近くに出ることができます(徒歩なら15分程度)。当駅から離れることになりますが、自転車やお車があればわざわざ電車で他の駅にでなくても楽にお買い物することができます。

駅から徒歩15分ほど離れた場所に「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」があります。“ドラえもん“の作者として有名な藤子不二雄さんの作品の博物館です。また「生田緑地」、「生田緑地ばら苑」にも足を延ばせて自然の中でリラックスできる環境です。

久地駅

12久地駅

久地駅(くじえき)は、神奈川県川崎市高津区久地四丁目にあるJR南武線の駅です。各駅のみ停車します。

駅近くにはスーパーが2店舗、コンビニやファストフード店や飲食店などが並んでいます。県道9号に商店が多く集まっています。駅の南側には幼稚園、保育園、郵便局もあるので、生活する上で駅前を利用することが多くなりそうです。

町には畑も多いので所々で青果の無人販売がされていたりとのどかな雰囲気です。2駅隣の武蔵溝ノ口駅に出ればショッピングやお食事も十分に楽しめます。普段はのんびり落ち着いて生活できますが、賑やかな駅にもすぐ出れるのでバランスの良い立地ですね。

隣の津田山駅から当駅の南側まで「川崎市営緑ヶ丘霊園」が広がっています。さらに「東高根森林公園」という大きな県立公園もあり、主に駅前と北側が住宅地となっています。北側に行くと多摩川が流れ河川敷の緑地も広がり自然豊かな地域です。

駅前から路線バスとコミュニティバスが運行しています。向ヶ丘遊園駅、登戸駅、溝の口駅前行きのバスを利用することができます。

津田山駅

11津田山駅

津田山駅(つだやまえき)は、川崎市高津区下作延六丁目にあるJR南武線の駅です。各駅のみ停車します。

駅近くに広大な「緑ヶ丘霊園」が広がっています。春は桜がきれいで園内には屋台も出店したりして、花見をする人もいます。
落ち着きのある住宅街で、駅前にはスーパーとコンビニがあります。屋内スキー場の「スノーヴァ溝の口R246」という施設もあります。当駅の西側は霊園が大きく占めており、緑が多い地域です。

あまり商業施設は多く在りませんが、お隣の武蔵溝ノ口駅、2駅先の武蔵新城駅はお買い物やお食事する場所も充実していて、栄えた駅が近くにあるので便利です。

南武線沿いの街は比較的緑が少ないので、当駅周辺は自然環境を求める方にはおすすめの地域です。