JR東海道線

湯河原駅

20湯河原駅

湯河原駅(ゆがわらえき)は、神奈川県足柄下郡湯河原町宮下にあるJR東海道線の駅です。湯河原温泉の最寄り駅となっていて観光地としても知られています。駅前にはお土産屋さんもあります。駅前広場は201710月にリニューアルしました。温泉地らしく、木のぬくもりを感じるようなデザインと、改札前の大屋根広場には手湯が設置されて、駅を出てすぐに温泉に触れることができます。

駅周辺には旅館やリゾートホテルの他、飲食店なども充実しています。日常で利用する施設としてはコンビニも複数あり、スーパーやドラッグストアも揃っているので、食品・日用品のお買い物もできます。町役場と病院もあるので生活において大体のことは他の街や駅に出なくても困らずに済みます。保育園・幼稚園や小中学校もあるので、子育てをするのにも十分な環境です。海と山に囲まれた自然豊かな立地で、落ち着きがある静かな場所です。

温泉施設も豊富で日帰り温泉や足湯も身近に楽しむことができます。のんびり穏やかな環境の中で生活したい方にはとてもぴったりです。

真鶴駅

19真鶴駅

真鶴駅(まなづるえき)は1922年(大正11)に開業したJR東海道線の駅です。

駅前には飲食店が数店ありますが、スーパーやドラッグストアなどのお店等ほとんどありません。徒歩8分の場所に真鶴町役場があり、その周辺にスーパーとドラッグストアがあります。地元の商店街もあります。真鶴漁港があり、新鮮な水産物を扱ったお店もいくつかあります。

観光地にもなっていて旅館などの宿泊施設もありますが、湯河原や熱海ほど賑やかではなく非常に静かで落ち着いています。海外風のきれいなホテルや、人気の食堂もあるようです。湯河原や熱海に目が行きがちですが、真鶴も魅力があります。

町には緑も豊富で海も近く、自然豊かな地域です。小学校と中学校も揃っていて通いやすい距離にあります。のどかでお子様のいるご家庭には安心して暮らせる環境だと思います。

商業施設の多さや立地面ではすごく利便性の高い地域とは言えませんが、自然に囲まれてのんびり暮らしたい方にはおすすめです。

根府川駅

18根府川駅

根府川駅(ねぶかわえき)は、1922年(大正11)に開業した神奈川県小田原市根府川にあるJR東海道線の駅です。2002年から駅員さんのいない無人駅となっています。1日の平均乗降人員数は統計開始の1995年は391人、2008年は639人と利用者の少ない非常に静かな駅です。(2009年以降は無人駅できちんとした統計が計れないため数字は出ていません。)
駅の東は海、西は箱根に繋がる山となっています。

お買い物施設はほとんどありません。根府川温泉の地としてリゾートホテル「ヒルトン小田原リゾート&スパ」と言ったリゾート施設があるのみです。駅周辺にはわずかながら住宅も集まっているため、小田原市役所の片浦支所、市立片浦小学校と中学校があります。

県道740号と国道135号が通っていますが、通り沿いにも商業施設はほぼ見当たりません。お買い物ができる小田原駅と湯河原駅のどちらも車で約1520分かかるため、徒歩や自転車で他の駅に出るのはかなり大変な立地です。生活するのにお車は必須となります。
当駅から小田原駅東口行きのバスや真鶴町コミュニティバスを利用することができます。

早川駅

17早川駅

当駅は1922年(大正11)に開業したJR東海道線の駅です。翌年には関東大震災で駅舎が倒壊してしまいました。現在の駅舎はその後に建てられたものですが、木造建て、水色の外観がレトロで可愛らしい駅舎です。

小田原漁港が近くにあります。漁港には魚市場食堂をはじめ、飲食店が複数あり、美味しいお魚を食べることができます。駅の西側は「早川うえのみどう公園」や農園となっていて広大な土地に緑が広がっています。東側は海で、自然に囲まれています。駅前にスーパーやドラッグストアなど食品・日用品を買える場所はありませんが、早川を超えて小田原駅方面に行くとスーパーやホームセンターなど商業施設が充実しています。

電車であれば1駅3分、車であれば10分ほどで小田原駅に出る事ができるので、当駅から出てしまえばお買い物やお食事もらくにできます。生活するには、徒歩のみだと大変なので、自転車またはお車は必要になります。

鴨宮駅

15鴨宮駅

鴨宮駅(かものみやえき)は、神奈川県小田原市鴨宮にあるJR東海道線の駅です。

駅の北口には鴨宮北口商店街、「Dynacity(ダイナシティ)」という大型スーパーの「イトーヨーカドー小田原店」、ショッピングモールの「フレスポ小田原シティモール」、映画館集まったお買い物スポットがあります。食品、日用品、衣料品や家電等、生活に必要な物はこちらで揃えることができます。南口にも鴨宮商店街やスーパーなどがあり駅周辺は生活に便利な環境です。
駅周辺は住宅街が広がっていて小学校や中学校も各地にあるので、お子様の通学もしやすい地域です。これだけ商業施設が充実していますので。一人暮らしの方でもファミリーでもみんな暮らしやすい地域だと思います。

生活には便利な環境ながら一駅隣の小田原駅よりも当駅周辺の家賃相場は低いため、小田原駅付近に住みたいとお考えの方は当駅も周辺もぜひ検討してみてください。

 

国府津駅

14国府津駅

国府津駅(こうづえき)は、神奈川県小田原市国府津四丁目にあるJR東海道線とJR東海の御殿場線の駅です。

当駅は小田原駅付近から延々と続く市街地の東端に位置しています。駅の南方には海があり、かつては国府津海水浴場がありました。
当駅とお隣の鴨宮駅の間に大型スーパーの「イトーヨーカドー小田原店」、ショッピングモールの「フレスポ小田原シティモール」が集まっており、食品、日用品、衣料品や家電等、生活に必要な物はこちらで揃えることができます。飲食店も点在しているので、お食事も気軽にできます。大型のお買い物施設が揃っているので、日常の生活に困ることはない環境です。自然も身近にあり住環境が良い地域です。

海沿いには国道1号と西湘バイパスが通っていて、駅から車で4分の場所に国府津ICがあります。大きな道路と高速の入り口があるので、車での移動にも便利です。当駅から小田原駅や平塚駅など大きな駅にもバスでアクセスすることができます。

二宮駅

13二宮駅

二宮駅(にのみやえき)は、1902年(明治35)に開業した神奈川県中郡二宮町二宮にあるJR東海道本線の駅です。

大磯駅と同様に、当駅も山と海に囲まれた立地です。北口階段を下りて、3分くらい歩くと、吾妻山(あづまやま)があり、徒歩7分程での相模湾に出ます。お買い物ができるのはコンビニくらいで、スーパー等の食品や日用品を買えるお店は他の駅まで出るか当駅から離れた場所にしかありません。二宮町役場や図書館、小学校から高等学校まで行政施設や教育施設は揃っていて、お買い物施設以外は近くにあります。

当駅の北口と南口から路線バスが発着しており、隣の国府津駅や平塚駅行きのバスを利用することができます。

大磯駅

12大磯駅

大磯駅(おおいそえき)は、神奈川県中郡大磯町東小磯にあるJR東海道線の駅です。1887年(明治20)に開業しました。
大磯と聞くと大磯ロングビーチを思い浮かべる方も多いかと思います。当駅から大磯ロングビーチへバスが運行しており、バス乗車10分で行くことができます。また駅から歩いて10分程で日本最古の海水浴場とされる大磯海水浴場もあります。

当駅は、北側は高麗山(こまやま)、南側には大磯海岸と海と山に囲まれた自然豊かな立地にある住宅街です。コンビニや飲食店はありますが、駅近くにはスーパーやドラッグストアといった食品と日用品を買えるお店がないのが不便な点です。お買い物の必要な際にはお隣の平塚駅に出るか、または車で11分の場所のにスーパーとドラッグストアが1件ずつあります。

JR東海道本線が利用できるので、横浜や東京など都市部に直通で行けますが、近隣への移動は徒歩のみでの生活は厳しいです。自転車またはお車がないとお買い物に出るのも一苦労です。

住宅街には昔ながらの戸建てが多くを占め、マンションやアパートなどの物件は少ないようです。のどかな雰囲気で自然の中でお子様ものびのびと過ごせるような環境は魅力的です。治安も良い町ですが、商業施設も少ない地域で夜は駅前でも暗くなるので気をつけましょう。

平塚駅

11平塚駅

平塚駅(ひらつかえき)は、神奈川県平塚市宝町にあるJR東海道線の駅です。

平塚市役所や警察署といった行政施設、金融機関の支店などが集まっています。「ららぽーと湘南平塚」をはじめ大型スーパーや映画館など商業施設も充実しています。パールロード商店街、湘南スターモール商店街もあり、食品・日用品はもちろん、ショッピングやお食事もできて生活に非常に便利な駅前です。
当駅北側は繁華街となっていて居酒屋やパチンコ店、キャバクラ店なども多く並んでおり、夜は治安面が気になる点かもしれません。南側は比較的治安も良く、住宅街を超えると海に出る事ができます。

駅から歩いて20分しないくらいで袖ケ浜の海に出ます。街には小さな公園が点在していますが、緑は少なめです。平塚市総合公園など大きな公園の近くであれば、身近に自然を感じることもできるでしょう。また相模川沿いの地域であれば河川敷が緑地化されていて雰囲気も良いです。
小学校から高等学校まで教育施設は一通り揃っています。保育園や幼稚園も点在していますので、子育て環境も十分な地域です。

茅ケ崎駅

10茅ヶ崎駅

茅ケ崎駅(ちがさきえき)は、神奈川県茅ヶ崎市元町にあるJR東海道線と、当駅を起点とする相模線の2路線が乗り入れています。1898年(明治31)に東海道本線の駅として開業し、1921年(大正10)に相模線が開業しました。“茅ヶ崎市”と表記しますが、駅名は“茅ケ崎“と真ん中のが大きい方で表記します。
茅ヶ崎は日本を代表する音楽バンド“サザンオールスターズ”のリーダーである桑田佳祐さんの出身地としても名を知られており、サザンオールスターズにまつわる場所がいくつかあり、イベントなども開催されています。

駅には駅ビルの「茅ヶ崎LUSCA」、当駅の北口には「イトーヨーカドー茅ヶ崎店」、「イオン茅ヶ崎中央店」など大型スーパーが2つもあります。また北口にはエメロード商店街、南口にはサザン通り商店街とそれぞれ商店街があり、飲食店なども充実していてとても生活しやすい地域です。茅ヶ崎市役所や茅ヶ崎市総合体育館、茅ヶ崎中央病院(総合病院)もあり生活に必要な施設は当駅周辺に揃っています。

駅前は商業施設が充実していてかなり便利ですが、海が近いので身近に自然を感じることができます。(駅から約20分歩くと海に出る事ができます。)

電車以外1本で横浜駅へは約30分でアクセスできますが、渋谷駅や新宿駅は5060分ほど。都内へ出るには時間がかかりますが、横浜近辺にお勤めで、海の近くに住みたいという方にはぴったりの環境です。