根岸線

山手

山手駅

1946年(昭和39年)に開業しました。

山手を名乗る駅は、本来山手地区に近い位置に「山手町駅」として予定されていたが、石川町の住民の運動により同駅は石川町駅となり、結果当駅が「山手駅」を名乗ることとなった。
元来の山手町は当駅より北側の、石川町駅寄りにあり、駅周辺とは全く別の地区である。
開港時における外国人居留地としての歴史と伝統を持つ山手町の最寄り駅ではなく、むしろかつての根岸の一部ではあるが、横浜市街の山手(やまのて)となった地区の最寄り駅である。
 当駅ができる前、この辺りの人々の交通はもっぱら横浜市電に頼っていただけに、当駅の開業は画期的なことであった。
反面、駅の北東にある大和町の商店街は、駅の南西の豆口方面からの人々が市電に乗りに行く途中にあって栄えていたため、当駅が開業すると一転して寂れることとなった。

駅周辺は住宅街となっており、駅前は狭く、周辺の道はほとんどが狭い路地のようなものである。
学校も多くあり、電車を利用する生徒が多く朝のラッシュ時には大変混雑する。