JR京浜東北線

川崎駅

01川崎駅

川崎駅(かわさきえき)は、神奈川県川崎市川崎区駅前本町(駅の西半分は同市幸区)にあるJRの駅です。東海道線、京浜東北線、南武線が乗り入れています。1872年(明治5)に開業し、日本国内で3番目の駅として開業した歴史ある駅です。利用者数はJR東日本の駅としては第11位、神奈川県内の駅の中では横浜駅に次ぐ第2位です。利用者が多く非常に賑やかな駅です。

駅の東側は川崎市の古くからの繁華街。駅西側は工業地帯でしたが、2000年代に入って商業開発が進み、大型ショッピング施設やタワーマンションなどが続々と建設されました。再開発の影響から街の人口増加に伴い、2001年以降、駅の利用者も年々増加しています。

”「川崎」と言えば治安が良くない”というイメージが定着しています。駅東側は居酒屋が並び、市内最大の風俗街や川崎競馬場といった賭場があることから、クリーンで雰囲気の良い街とは言い難いです。しかしそれは駅東側に言えることで、反対の西側は、ファミリーに人気の「ラゾーナ川崎ショッピングプラザ」やファミリー向けのマンションが多く、女性の方もお子様連れの方も安心して歩ける街となっています。夜でも東側のような雑多な雰囲気はさほど感じません。
当駅周辺に住みたいとお考えの方は、ぜひ物件の周辺環境にも注目してみてください。

当駅周辺には駅ビルの「アトレ川崎」、「川崎モアーズ」など大型ショッピング施設が立ち並び、「川崎銀柳街」、「仲見世通り」など商店街もあり日常のお買い物からショッピングも駅前で済ませることができます。川崎市役所、区役所もあり、非常に利便性の高い駅です。

東京・品川駅にはおよそ10分、横浜駅にもおよそ10分で出れる立地も魅力的です。特に都内にお勤めの方は、通勤も楽な上に都内の物件よりも家賃相場が低い川崎エリアに住めば生活費も節約することができます。

駅の東口、西口どちらからもバスが豊富に運行しています。市内各地へバスが運行していますので当駅から離れた場所でも駅に出やすいです。