JR相模線

北茅ケ崎駅

02北茅ヶ崎駅

北茅ケ崎駅(きたちがさきえき)は、神奈川県茅ヶ崎市茅ヶ崎三丁目にある、JR相模線の駅です。1940年(昭和15)に相模線の日東駅(にっとうえき)として開業し、当初は工場関係者しか乗降できませんでした。1944年の国有化(国鉄のちのJR)に伴い駅名も現在の北茅ヶ崎駅に改称されました。

駅の西側は大型工業団地となっていて、東側は住宅街になっています。駅から8分歩くとショッピングモールの「イオン茅ヶ崎中央店」があるので食品・日用品、衣類といった生活に必要な物は揃っています。駅東側の住宅街の中にもスーパー、ドラッグストアやコンビニ等が点在していて、毎日のお買い物には不便しない地域でしょう。お隣の茅ヶ崎駅まで電車で3分、歩いても13分で行くことができます。茅ヶ崎駅前も商業施設が充実しています。

保育園・幼稚園、小学校から高等学校まで揃っていて、子育て環境も整っています。大きな工業エリアはありますが、「茅ヶ崎市中央公園」など広い公園もあり、住宅街には公園や畑などが残っていたり所々自然を感じられる地域です。

茅ヶ崎の海にも行って気軽にリフレッシュできますね。北茅ヶ崎駅から徒歩11分の場所に「茅ヶ崎市役所」や「茅ヶ崎中央病院」もあります。他の駅や街に出なくても必要な施設が近くに揃っています。

都心へ出るには1時間以上。乗り換え又は茅ヶ崎駅まで歩くかが必要になりますが、横浜駅なら3545分程度でアクセスできます。